-

外為取引(FX)には取引所取引という取引があります。普段の外為(FX)会社と売買を実践する事柄を「店頭取引」と呼ぶのですが、取引所を通過させないで商売のペアは外為取引(FX)業者になります。「取引所取引」という取引所は外為取引業者はあくまで橋渡しあり直接の取引対象は取引所を意味する事になっています。この相違をこちらでちょっと比べていきましょう。まず「店頭取引」の例は委託しているお金は外国為替証拠金取引(FX)会社に束ねされているのです。「取引所取引」の次第、このお金は全金額取引所に預金しなければいけないと義務化されているのです。そうすることによりもしもFX(外国為替証拠金取引)会社が経営破たんするという問題があったとしても、取引所取引は取引所によって証拠金が総額防衛してもらえることになっています。折は外為(FX)企業が調節しているから、状況により業者経営破たんのあおりを受けて託していたお金は保護されずなのかもという可能性があります。更に税金面でも両者に関しては基準に差異が存在します。「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップ利息などを雑所得として給与と総額で申告せねばなりません。けれども確定申告しなくても良い機会もありますので、おのれに適合するかどうかしっかりと確認をお願いします。アナタが労働者で年収2000万円以下、給与所得以外の所得が20万円以下(いくつかの会社から賃金所得はなし)というようなのような基準を守っている状態でいるなら特別という事で確定申告は必要ありません。FX(外国為替証拠金取引)利潤が二十万円以上折は確定申告をしてください。税金の率は所得に反応して5〜40パーセントの6個の段階に組み分けされていて、実収が高いのなら税金も値上がりします。「取引所取引」においては、利益があった際にはそれ以外の収益とは分けておいて「申告分離課税」の的になります。税金の率は一律20%となるんですが仮に損金が確定したのであれば「取引所取引」のメリットとしてマイナス分を次年以降に先延ばしができるのです。上記から見ても、「取引所取引」の方が低い税になるケースもあるので照らし合わせて見ていった方が良いと考えます。ことに初心者の人ならば、ジャスダック株価の動きや円の動きに常に注視して、利益や赤字に興奮するがために、税金の物事を忘れてしまいがちなってしまうこともあるので要注意です。赤字は困ってしまいますが、利益が多くなれば税金も額が増えるので注意と意識が重要です。

Category

リンク