-

現実にパソコンの画面の前に座って上がったり下がったりしている為替相場を目を向けていると、どことなくトレードをしたくなるという思いが生まれる場面も多いと思います。美容

だが、不明瞭な直感でトレードすることは、避ける必要があります。施工後トラブル 保障 賠償保険

分かっていると思いますが、市場は1日中、常にいずれかの国の為替市場はオープンしているし相場も休みなく、変動している。Mexicana clown

しかし、だからといって頻繁にトレードを重ねているとそれだけでマイナスになる率が高くなってしまいます。秘密の通学電車

無論、トレードの数を経験することによって次第に利益を上げられる可能性が五分五分になるのは事実です。ビフィーナ

でもこの事実は「なんだか分からない感覚で売買」とは話が違います。ストレス 免疫

取引回数を積み重ねる意味というのは自ら「ここはいける」と考えるチャンスを持った場面での取引回数を積み重ねるという事です。俺得修学旅行19巻42話43話買ってすぐ読んだオモロー。

理由がなく、ひっきりなしに売買を経験するのとは明らかに違います。

相場の勝負に勝利するためには自ずから考えてけじめをつけることこそが必要です。

「ここだ!」と考えた外国為替相場の時にはいっそ保持ポジションを積み増して儲けを狙います。

「だいぶ分からない相場で、どう動くのかわからないな」と思い至った時は、潔く諦めてポジションを全部閉じて何もしない。

これくらいのメリハリがあったほうか最後にはエントリーは成功します。

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと感じます。

取引とは、常にポジションを持っていることが大切ではなく、何も所有せず静観していることも場合によっては相場なのである。

それならば、どの場面で休めばよいのだろうか。

第1に言われるのが前述したように、これからのマーケットが明確によく見えない時。

そこからどちらにいくのか決断できない時は、ヘタに動くと、自ら考えたシナリオとは逆方向に為替相場が推移してしまい損をする事になります。

だから、このような場合はポジションを閉じ、そのまま何もしないで様子をみるのがいいと思います。

次に、自身の体の状態があまりよくない時です。

体の調子と市場に関係しないと考える投資家もいるだろうが。

実は案外影響を与えます。

体の状態があまりよくなければ、外国為替相場の決断しなければいけない局面で落ち着いた決定をする事が難しくなります。

気分が乗らない時は、トレードから距離を置くことも大事なことだ。

Category

リンク