-

中古車引き取りにおいて近年流行っているのがオンラインオークションでの売買があります。

オンラインオークションのメリットはなんといっても、自動車の買取専門店や下取りに出す時よりも高い査定額で売ることができるという点です。

売るつもりの買取相場を把握し微妙だなと思うならオークションで売買することでそれよりいい価格で処分するということができます。

ただ少しばかり作業が必要なのがデメリットです。

個人でオンラインオークション出すのであれば、通常のモバイルオークションなどを使うのではなく中古車情報サイトや中古車業者が多く訪れるページでオークションサイトに出品するのがいいでしょう。

そのようなオークションサイトを利用すればある程度の定型書式があるのでそれらを使って文字を打ち込んでいくだけの作業で時間をかけずに出品することが可能です。

オークションサイトで売却をする際のポイントとして愛車はその画像が肝要です。

画像を手掛かりに購買者は意思決定をするという結果が出ています。

自動車の画像は愛車の外面はもちろん、カーナビ、水温計等の車内も詳細に撮影しなければいけません。

また、中古車の納品した後のトラブルを防止する目的でエクボ、説明が必要な点があればそういった点も伝わりやすいように写真を見て伝わるようにしてください。

車を手放す場合でも例外ではありません。

さらに、記載する必要情報としてETCマフラーカッター、インタークーラーやヘッドライト、サスペンション、ウィングなどの車外パーツがある場合、細かく掲載をしてその画像を用意しておくのが望ましいです。

先にあげた電装系パーツや外装パーツ、スピードメーター、ロワアームバーやネオン管、フロントスポイラーなど車外パーツは凝っている人にはそれなりに喜ぶ方も多いです。

ネットでのやり取りの中で落札後のトラブルを事前に軽減させる意味でも、修復歴や不具合がある場合必ず分かりやすく掲載するようにしましょう。

自ら競売を利用するという行為が実際に困難場合はオークション代行専門業者に依頼するという方法もあるのです。

このケースは一般的なネットオークションとは異なりあなたの売却する自動車を専門業者間のオークションサイトに載せて引き取っていただくことになります。

売却する車の買取相場が普通の査定相場ではなく、業者間の相場のため、一般的なオークションと比較して高値になるケースがほとんどです。

競売を代行してくれる業者のマージンを差し引いた後で売る車の入金金額が確定するため代行業者の実績と仲介手数料によっては普通のネットオークションよりも結局すこし買取金額が低くなってしまう場合もあります。

こうした競売の場合はかなり競売代行業者に左右されることも大きいため信用できる専門業者を選択するということが大事な点です。

インターネットオークション絡みのトラブルに関しては、委託している形になるため結構低いです。

どのような競売の形でも言えますが、自らの売る車に不利になること、凹みや傷などを隠ぺいしていると減額されたり場合によっては訴えられることになってしまいます。

ご自身の所有車の情報は絶えず記載するようにしてください。

Category

リンク