-

一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲内でカバーできない補償を考慮しているとても大切なものです。

これは任意保険のポイントは自賠責保険の上乗せということで機能しますので、自動車損害賠償責任保険の限度額を超えた際に役立ちます。

また自賠責保険では物的損害に対しては保証されていないので、物的損害をカバーするのであればさらに任意保険にも加入しておくことが望ましいです。

現段階で任意保険の保険料を支払っている愛車を処分する際は国産メーカーの車でも外車ということは関係なく、残っているお金が返金されます。

これは国産自動車を査定に出す場合についても同じことが言えます。

自賠責保険は一般的にはそのままにしておくのが常識になっていますが任意保険は全員が入るものではないですから、キャンセルをすることになります。

さらに中途解約した後はすでに 納付済みの残金が返ってくることになります。

自動車売買が決まった場合でもすぐさま任意保険を解約することはリスクが高いです。

当然即中途解約すればそれだけ戻ってくる保険料は増加しますがもしかしたら車店舗が遠方にあって自分で運転していくことになったケースでは任意保険に加入していない状態で車の運転をすることになります。

万が一のリスクに備えて、絶対もう自ら運転をすることはないという状況にするまで任意保険の契約のキャンセルをしないようにしなければなりません。

自動車を処分しまたすぐに違う車両に乗り換えるケースでしたら良いでしょうがしばらく車に乗らないような状況が継続して任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない期間がある場合過去に入っていた時の任意保険の等級が下がるので保険料の額が上がります。

そういったケースは「中断証明書」というものを発行してもらうようにしなければなりません。

この「中断証明書」があることで最長10年は解約前の保険の等級を継続することが可能です。

それから、13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますからもし既にクルマを売られていて、「中断証明書」という書類を提示されてもらっていないのならば、その保険会社や任意保険の代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。

もし新たに自動車を購入して、その後以前所有していたクルマを買い取りに出すのならば、契約はどちらか一方のみの契約となります。

保険の切り替えという処理になるため、乗る必要がある車だとしたら引き取りの際までこのことを頭に入れておかなければなりません。

さらに任意保険は自動車の種類次第で価格が少し変わるので、自動車買い取りの時は任意保険の保険料を見直してみる好機になるでしょう。

Category

リンク