-

通常の初心者向けの外為の教科書では、「損が生まれた時にはナンピンをすることで、平均の買い付け価格をコントロールする」等述べられている事もありますが、それには大きな危険性が待ち受けています。ボイスレーザー

最初に、ナンピンの方法に関して簡単に説明しておきます。ライザップ 滋賀店

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。新横浜駅周辺の駐車場

$(ドル)買いなので、ドル高になるほど黒字が出るわけですが、思い通りに行かず95円まで円高・ドル安に推移したとします。http://www.riversliving.com/

このままの場合所有し続けたら損失が戻るためにはマイナス分、円安ドル高に動かなければなりません。ダイエット

投資家であれば、損失は可能な限り早く戻したいと考えます。緊急でお金が必要なら!今すぐ借りれるカードローン【土日OK】

このため最初に取引したのと同じ額の$を、1ドルを95円で買い増しする。バストアップには体に合ったブラジャーをつける事が大切

すると、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで引き下げることができます。ライザップ 川崎店

2.50円の幅でドル高に推移すればマイナスを失くすことが出来ます。精力剤

この流れがナンピン買いの原理です。ライザップ 品川店

このとおり、ナンピンの原理を知ると「確かに」という気分になるが、外国為替市場は簡単には問屋を卸しません。

最初から、95円より下がらないとは、わからないのである。

仮定として、市場が相当の円高ドル安地合であれば、1ドル=95円では止まることなくさらに一層円高ドル安が進む可能性が高くなります。

仮に、1ドル97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円まで円高に向ったら、ナンピンした分についてもマイナスが生じてしまいます。

そういう状況では最初に売買したドルと合計で、マイナスを被ることになる。

この通り、ナンピン買いは難しいです。

それなら、相場があなたの脚本とは別の方向にさっさと向う場合どういう対策で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

この場面では選択できる選択肢は多くはありません。

まずはじめは潔くあきらめて損切りをすること。

もうひとつの選択肢としては現在、自分が保有しているポジションを減らす事でもう一度市場が戻るのを動かないで待つことだけです。

ちょっと後ろ向きな手法だと言う人もいると思います。

だが、自分が保持している買いポジションに為替差損が出た時最も正しい手法はそれ以外にはあるはずがありません。

確かに、ロジックとしては、ナンピンをしてみる手法も有効です。

しかしながらナンピンは、あなた自身が損をしている場面にもかかわらず、買いポジションを整理するどころかポジションを重ねていく手段です。

これでは、危険性を回避することなどどう考えても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいずれは勝てるかもしれません。

しかし、それより前に資金が不足してしまいます。

Category