-

「スプレッド」とはFX取引は通貨ペアを取引して利幅を生み出す投資です。GEOGRAP

トレードの値は、いつも上下しています。プラスデオ 口コミ

それが為替相場です。コンブチャ デトックス

テレビを見ているとドル円やユーロ円の為替相場の情報が流れる場合があります。多汗症

よくあるのが「本のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。喪服のレンタル 神奈川

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを意味しています。キミエホワイト 口コミ

要するに、FXには買いと売りの値が存在します。ロスミンローヤル 口コミ

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と表現しているFX業者もあります。わきが

平常時には売値のほうが買値よりも安く決められています。

あなたが買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

この差額をスプレッドといい、FX業者の利益となっています。

スプレッドの狭さはFX業者によって違います。

スプレッド幅はあなたにとって経費になるので低いFX会社をセレクトしたほうが有益です。

ただし、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドは変化します。

もしも平常時はドル円の組合せで1銭のスプレッドの狭さとは言っても為替の上下がかなり大きい状況では3銭、4銭になったりするのです。

ですから、スプレッドの幅が狭いのと共に、固定しているのが大事です。

この頃では固定でスプレッドの幅を示すFX業者もいくつもあったりします。

リアルに業者の取引画面内で実際の為替レートを見て確認しなければわからないのでわずらわしいですが、とても大切なことです。

多額のお金を投資してエントリーをするわけですから、本物のエントリーの前に心惹かれたFX取引会社の新規取引口座開設をして、表示されているスプレッドの広さを実感しましょう。

同じペアでも、その場面でのボラティリティによって外貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

通常、銀行間取引で流動性の高いペアではスプレッド幅が狭く他の外貨ではスプレッドの差が広くなるのが一般的です。

Category

リンク