-

クレカを店にて使う場合、何度も感じたことがおありではないかと考えますが店員が不慣れなためいったいどの紙を客へ渡したら良いのか迷う時があるかと思います。

というのは、カードを使用すると、レジの方から3組綴りの紙というものが発行されるためであり、どちらを利用者に対して渡してよいものかどうか判断できないというケースがあるのです。

3枚のレシートの意味)上で述べた3枚1組の利用レシートの意味はいかなるものかというと、↓のようになります。

1お客さんへ渡すべき明細。

2店舗控え用の明細レシート。

3クレジットカード会社控え明細(署名する明細)。

通常は例外なくお客さんに保管してもらう紙の方を渡すはずなのですが、たまに店舗控え用の明細をカード利用者の方へ間違えて渡してしまうというということや、署名した明細を渡すようなという事故すらあります。

これはパートの担当者や、クレカが利用されない店舗でクレジットを利用すると店舗スタッフの戸惑いを体験できるだろう(笑)。

レジ担当者が上述のようにレシートというものを提示してきたときは親切に「これじゃありませんよ」と一言正してあげてください。

Category

リンク